二足の草鞋の話から個人の時代が来るってことについて

このご時世に、私TVが好きなんですが(笑)

 

食事とか休息の時間に

録画を流してリラックスします。

 

(余談ですがTVは全録画です。アプリでも観れるし、

端末も時間も、TVの概念は変わっていきそうですよね)

 

最近好きなのは、ぼくらの時代、っていう

土曜の朝7:00のトーク番組。

ゆるくて好き。

 

きょうは芥川賞作家の3人のトークで、

3人の共通項が

作家🖋だけじゃない職業があること。

 

彼らは自分のやりたいことが

自然に書くことにもなったようで。

どっちも自然に自分、やらない理由はなかった、、、

 

…そんな話が

とても沁みてきた。

 

 

二足の草鞋、

サラリーマンだととてもやりにくいと思う。

 

一部の

インターネット業界の前衛的なところとか

意識高い系 大手企業なんかは

副業を認めてはきているけど、

 

(副業っていい方もなんだかなーって感じする!(笑))

 

会社の時間外で自分らしくいられることが

会社と別のマネタイズを産み出すことだって

絶対的にあるでしょう。。

 

その制約って謎だ。

 

だから、

「個人の時代が来る」

ってみなさん言われるのかも。

 

 

ちなみに、会社の副業規定、って

会社の事業以外ならオッケー

ってなってるとこ多いけど、

 

実際に申請したら、ムム🙎?

って思われる可能性高いだろうなあ…。

その人がどれだけ成果を出していても。

 

ま、勝手な予想でしかないが(笑)

 

 

いづれにしても

自分の能力を幸せに発揮していくために

楽しんで生きないと!

 

と思ったあさでした。

 

f:id:satomiwagarden:20170528152140j:image